「PLAYBOY」の創刊者ヒュー・ヘフナーとその生涯

ヒュー・ヘフナー

日本時間の9月28日に「プレイボーイ」の創刊者であるヒュー・ヘフナーの特報が報じられました。

ヒュー・ヘフナーといえば、豪邸で数多くの美女をはべらせている、まさにプレイボーイの象徴のような男性というイメージの方も多いでしょう。特に晩年のヒュー・ヘフナーは女性関係のスキャンダルも多く、ネタには事欠きませんでした。

しかしヒュー・ヘフナーの生涯全体を見てみると、時代の最先端をいく先見の明のあると同時に、人種差別に堂々と立ち向かっていく堂々とした骨太の正義漢であることがわかります。

ヒュー・ヘフナーと金髪美女たち

ヒュー・ヘフナーは大学卒業後に当時男性の間で人気だった雑誌会社に就職しました。しかし、単調な仕事に愛想をつかしてしまい、売り払った家具と家族や友人から集めた資金を元手に「プレイボーイ」を創刊しました。

「プレイボーイ」の創刊号に掲載されたマリリン・モンローのヌード写真は当時の話題をかっさらい、人気男性誌の中でも一気に有名になりました。

しかし「プレイボーイ」は女性のヌードだけにあらず!当時の人気のアメリカ男性誌といえば、スポーツや釣り、狩りといった趣味の雑誌がほとんどでした。

そんな中でプレイボーイには絵画やジャズ、ファッション、お酒やカクテルや時事問題など、新しいメンズカルチャーを提示する情報誌となりました。

ヒュー・ヘフナーは人種差別問題にも果敢に立ち向かい、ジャズミュージシャンのマイルスデイビス、ボクサーのモハメドアリ、マーティンルーサーキングジュニアたちとのインタビューを組んで誌面で特集しました。

この頃には発行部数も500万部を突破し、全米ナンバーワン誌となっていました。そして「プレイボーイ」を通してヒュー・ヘフナーは、洗練された男性にとって人種差別はもはや時代遅れであるムードを築きました。

プレイボーイ

ヒュー・ヘフナーの生涯は話題に事欠かないスキャンダラスの人生だったかもしれませんが、それは固定観念を打ち破り新しい文化を生み出す革命家としての人生だったとも言えます。

最後にヒュー・ヘフナーの格言を。

「人生は人の夢を生きるには短すぎる」

媚薬にはこんなものがあります

  • アドバンテージDX
    アドバンテージDx

    女性はもちろん男性も利用できる吸収が速いリキッドタイプの媚薬!お酒に垂らすだけであなたのオーガズムをサポートします!

  • ニューヨークキャンディ
    ニューヨークキャンディ

    コレが媚薬の新定番!見た目からは想像できないキャンディタイプの媚薬が男女の性欲を急激に上昇させる!

  • NYC Pink
    NYC Pink

    ニューヨークキャンディの女性版として新登場!催淫作用・興奮作用で女性の性欲を更に高める!!

  • プライムモンスター
    プライムモンスター

    「最近元気が衰えてきたかも…」とお悩みではありませんか?あなたの悩み、男性用の最強媚薬で解決しましょう!

  • ビバクリーム
    ビバクリーム

    「いつも濡れにくくてツライ…」不感症にはビバクリーム!メンソールの刺激が敏感部分を刺激して濡れやすくなります!

  • ホーニージェル
    ホーニージェル

    欧米で人気急上昇中の媚薬ローション!L-アルギニン等の有効成分が性欲減退・不感症・ホルモン不足などの女性の悩みを即解決!!

この記事に関連している記事