果たして生姜には媚薬効果があるのだろうか

生姜は果たして媚薬効果があるのだろうか

「生姜は媚薬効果を持っている」そう聞いたことはありませんか? 料理に幅広く使われ主に香辛料として役割を果たしている生姜ですが、漢方薬の原材料としても使用されておりその用途は多岐に渡ります。 ですが媚薬としての生姜の魅力は意外と知られていません。 今回は生姜の媚薬効果に焦点を絞ってお話を進めていきたいと思います。

生姜の歴史

生姜は古来より人々に食べられており、その歴史は紀元前300年前まで遡ることができます。その当時のインドでは主に保存食や医薬品として用いられていたようです。 ちなみに日本には2~3世紀頃に中国から生姜が伝わったとされており、その姿は古事記にも記述されています。

昔のヨーロッパの生姜事情

ヨーロッパにおいては紀元1世紀頃に伝わったとされていますがヨーロッパの気候は生姜の栽培に適さなかったそうです。 そのためか当時のラテン人、ギリシア人は料理に使うことなく生薬をして用いられたようです。 また中世ヨーロッパにおいて生姜はコショウに並ぶほど需要が高まったとされており、450グラムの生姜の値段と羊一匹と値段が同じであったという話もあります。

生姜は媚薬?

なぜこれほどまでに「生姜が人々に求められるのか」 それは生姜に含まれる効能が「生薬としても媚薬としても素晴らしく優秀である」 という理由に他なりません。 では詳しく生姜の成分についてご紹介いたします。

生姜に含まれている成分

生姜には主に以下の成分が含まれています。

  • ・ジンゲロール
    冷え性やむくみの改善、血液循環促進効果を持ちます。生姜独特の辛味の元となっている成分の1つです。
  • ・ショウガオール
    生理痛、リュウマチの痛みを緩和してくれる作用を持つ。また喉の痛みも緩和する効果があるとされています。
  • ・ジンゲロン
    主に発汗効果を促す成分となっています。またジンゲロンは生姜の香りを構成している成分の一つであり、中枢神経を刺激しエネルギーの燃焼を助けてくれます。この中枢神経は「性欲や勃起などに関わりを持っています」。

精を付ける生薬としての生姜

さて、生姜の成分は理解して頂けたでしょうか。 女性、男性を問わず 「体の調子を整え性行為に望むのに適した体を作ること」 そういった効能が生姜にはあると言えるでしょう。 また、上ではご紹介しませんでしたが生姜には「亜鉛」が多くふくまれています。 「亜鉛」は男性ホルモン=テストステロンを生成する上で大切な成分であり、男性ホルモン=テストステロンの量が体内で減ってしまうとEDの原因となってしまうことが考えられます。

他国の生姜事情

ちなみにフランスで生姜は「性を付ける食べ物」とされています。 日本では料理に幅広く使われているため驚きかもしれません。 つまり生姜は媚薬効果があると言えます。 「生姜に媚薬効果があるのか」と言われれば、媚薬というモノをどう捉えるかに左右されますが効果アリと言えるでしょう。 生姜に含まれる成分は人の血行を促進したり、ホルモンの生成や性欲、勃起の仕組みに関わっていたりと、そういう意味では媚薬効果が期待できると言っても良いでしょう。

媚薬にはこんなものがあります

  • アドバンテージDX
    アドバンテージDx

    女性はもちろん男性も利用できる吸収が速いリキッドタイプの媚薬!お酒に垂らすだけであなたのオーガズムをサポートします!

  • ニューヨークキャンディ
    ニューヨークキャンディ

    コレが媚薬の新定番!見た目からは想像できないキャンディタイプの媚薬が男女の性欲を急激に上昇させる!

  • NYC Pink
    NYC Pink

    ニューヨークキャンディの女性版として新登場!催淫作用・興奮作用で女性の性欲を更に高める!!

  • プライムモンスター
    プライムモンスター

    「最近元気が衰えてきたかも…」とお悩みではありませんか?あなたの悩み、男性用の最強媚薬で解決しましょう!

  • ビバクリーム
    ビバクリーム

    「いつも濡れにくくてツライ…」不感症にはビバクリーム!メンソールの刺激が敏感部分を刺激して濡れやすくなります!

  • ホーニージェル
    ホーニージェル

    欧米で人気急上昇中の媚薬ローション!L-アルギニン等の有効成分が性欲減退・不感症・ホルモン不足などの女性の悩みを即解決!!

この記事に関連している記事